旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界について

旅行業界の問題

日本は、観光大国だといわれているのですが、旅行業界は現在あまり景気がいいとはいえません。それはどうしてなのでしょうか。まず、観光大国とは呼ばれていますが、事実上は海外渡航者の数が世界で第二位というだけなのです。

すなわち、日本に観光に来る外国人が多いというわけではありません。海外渡航者が多いということは、旅行業界にとってはいいことなのですが、実際にはあくまでも他国にお金を落とすだけに過ぎません。

海外旅行を手がけている旅行代理店は、販売利代理による手数料が利益になるのですが、実際にはその旅行代理店だけが利益を出しているというのが現状になります。旅行業界における日本人の海外渡航者が増えただけでは、業界全体の市場が拡大しているということにはならないのです。

こういった旅行漁家の市場状況の打破をするために、国としての政策が必要不可欠となってきます。そいて、日本国内において、2008年に観光庁というものが誕生しました。目的のひとつには、訪日外国人旅行者を増やすというものがあります。この政策が進んでいけば、旅行業界において大きなプラスになるのではないかと思います。

これまでは、旅行代理店が旅行業界において大きな力を持っていたことがあり、それによって一部独占のような形が生まれていました。ある種、このせいで旅行業界が伸び悩んできたと考えられています。今後は、大きな変革をもたらしていく必要性があるかと思われます。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved