旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界について

必要な力

観光庁が日本において誕生したことによって、今後の展望を望むことができるようになりました。旅行業界の市場の回復や拡大については、民間レベルだけではどうすることも出来ない側面を持っています。

その為に何らかの後押しになる母体が出来ることを期待されてきました。それが観光庁なのですが、2008年という時期は非常に遅すぎるような感じがしたと思われます。日本政府における公式な見解と捉えるほかにはありません。現在、観光庁による後押しによって、日本政府観光局が主体となりビジットジャパンキャンペーンというものを行っています。

これは、世界においても有数の観光大国と呼ばれる日本において、変革ともいえる出来事です。観光大国というのは、海外渡航者の数で決まるもので、国内における旅行業界などにとっては何の意味も無いことです。

海外渡航者というものは、あくまでも旅行代理店が手数料を収益に出来るだけなので、旅行業界においての還元がされることはありません。なので、訪日外国人を増やすことのほうが重要になるのです。なので、旅行業界において、ビジットジャパンキャンペーンの効果を期待する人は大勢います。

しかし、現在は訪日外国人は韓国人や中国人の割合が圧倒的に多く、諸外国の取り込みに成功しているとは言いがたいのが現状となっています。訪日外国人の数は、年々増加傾向にはあるのですが、それでも成功とは言いがたいです。成功のためには、各種キャンペーンなどの努力を、政府や旅行業界が一丸となって取り組む必要性があると思われます。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved