旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界について

雇用について

旅行業界における雇用についてですが、今は一体どのようになっているのでしょうか。日本そのものは大不況に見舞われていることもあり、どの業界でも雇用そのものが苦しいという現状があります。また、不況のあおりによって正社員以外の雇用枠が拡大されています。

なので、旅行業界で働きたいと考えていても、実際には採用そのものが難しい状況だと思います。正社員の採用枠を削減することは経費削減に繋がりますので、企業としては当然行う措置だと思います。

これに対抗するには、ライセンスや英検など、旅行業界で使う資格を持っていると大きな武器になります。しかし、実際に旅行業界に就職できたとしても、給料はそれほど多いものではないかと思います。旅行業界全体における平均年収は600万円後半の会社、企業がほとんどになっています。

反対に考えると、それだけ年配の社員が占めている割合が大きいということがわかります。こうなってくると業界自体が厳しいと思われるかもしれませんが、明るい展望も予測することが出来ます。それは、海外旅行に行く人が増えていっているところです。旅行業界で活躍したいのであれば、ぜひとも海外旅行の業務に携われるように努力するといいでしょう。

英検などのライセンスは送球に取りましょう。どの業界でもいえることですが、雇用したくなるような人材に成長できるようにするといいでしょう。旅行業界は、平和産業と呼ばれており、その能力が雇用に左右するといわれています。雇用の上昇を待つ前に、能力を身につけることが大切だと思われます。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved