旅行業界 業界情報ナビ

旅行に関する資格

総合旅行業務扱管理者

総合旅行業務取扱管理者とは、海外旅行、国内旅行などを取り扱っている旅行代理店において、必ず一人以上は置かなければならないことが義務付けられています。この資格は、国家資格として認定されており、教育訓練給付制度の対象資格となっています。

国内と海外の旅行を取り扱っている営業所、または国内旅行、海外旅行どちらか一方を取り扱っている営業所のどちらでも、この資格を取得しておけば旅行業務取扱管理者になれます。具体的な仕事内容としては、各種旅行における企画や、サービス業務のひとつである添乗などを行います。

そして、将来的には管理職になることもできるといった資格になります。この資格を取得するためには、試験を受けないといけませんが、特に受験資格はありませんので、勉強さえしっかりしておけば、誰でも資格を取得することができます。

また、旅行業務取扱管理者になるための年齢制限はありませんし、実務経験も特に必要ありませんので、資格を取得して会社に入れば即戦力として扱ってもらうことも可能かもしれません。旅行業界に興味があるのなら、まずはこの資格の取得を目指して勉強を開始してもいいのではないかと思います。

ちなみに、参考までの合格率ですが、大体30%程度になっています。これは、国家資格の中では比較的合格率が高いほうだと思われますので、旅行業界に興味があって、将来的に働きたいと思うのでしたら、資格に関しての資料を請求してみてもいいのではないかと思います。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved