旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界の歴史

発展の歴史

終戦まもない1952年に羽田空港はアメリカから返還されて、日本の空の玄関として再発足されました。しかし、その当時の日本は、財政窮乏のために空港を立派に再建設する費用もありませんでした。なので、国家予算としては誘導路などの必要最小限の費用が計上されたのみだったようです。

羽田空港に離着陸が可能になるための滑走路が舗装され、ターミナルが出来上がったのは、そこから3年後のことでした。国産の旅客機が始めて飛行したのは1962年のことでした。そして日本人が海外渡航するのが自由化されて、海外に出国することができるようになったのは1964年の4月のことです。

そして、1978年5月に成田国際空港が開港したことによって、国際線の空の玄関は成田に移動することになりました。海外旅行は、今となっては旅行代金などが格安になったことで、日本人が海外に渡航することには何の抵抗もなくなったわけですが、歴史といったらまだ半世紀も経っていないのです。

1972年には国の方針によって、航空線によって国際線と国内線の分担がされるようになりました。その後にこの枠組みは廃止され、各社が国際線に参入することができるようになりました。しかし、国際線の参入は新規参入の航空会社にとってはかなり困難なものでした。日本においては、運輸省の指導によって航空業界は3社体制で進められてきました。

前述のとおり、1986年には国内線と国際線の枠組みが撤廃されています。その後、航空法の改正に伴って、スカイマークなどの格安運賃の会社も登場してきました。こういった背景もあり、日本人の海外渡航者の数は増えていっていましたが、1990年代以降は旅行業界の競争が激化したことにより再編が起こっていきました。そして、現在に至るわけです。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved