旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界を知る

国内か海外か

旅行といったら、個人旅行か団体旅行かと、大きく分けると2種類に分類することが可能です。そして、旅行先も海外か国内かと2通りに分かれることになります。旅行に行くとしたら、海外か国内かどちらになるのでしょうか。

一昔前であれば、海外旅行は一般庶民にとっては高嶺の花とも言えるもので、新婚旅行などでようやく行けるものでした。それも、旅行会社を使ってツアーで参加するようなものでした。そういう意味では、新婚旅行は旅行業界にとっては大きなビジネスだったと言えます。

しかし、今では海外旅行には修学旅行でも行くようなところもあり、個人で海外に出かけなくても海外旅行に行ける時代になっています。なので、海外旅行というものの特別な価値観は日本国内において変わってきたと考えられます。

また、海外旅行といってら、移動手段のほうが宿泊費よりもかかってきます。さらに、外貨を使うので、交換率によっては費用が大幅にかかってしまうことがあります。こういったことを考慮すると、国内旅行にしたほうがいいと思うのが自然な流れといえるでしょう。

しかし、国内海外問わず、旅行は行きたいところに行くというのが大事なことで、現実から離れることができる場所に行くことも目的となる部分がありますので、費用のみで旅行先を決めることはあまりないと言えるでしょう。海外旅行に関して言えば、現在は国内旅行に行くような感覚で、韓国や中国といったアジア圏への旅行に人気が集まっています。うまくいけば、下手な国内旅行よりもお金がかからないので、ある意味賢い選択といえるのです。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved