旅行業界 業界情報ナビ

旅行業界で働く

旅行業界と英語

旅行業界で働きたいと思ったときには、必ず英語が必要になってきます。機会は少ないにしても、どこかで使うときが必ず来るということです。しかし、実際には英語面接といった高い英語力が試される機会はそうありません。

筆記試験の中でも、英語の問題は少し出るくらいです。実際に働く現場においては、どのくらいの英語力が必要になるのでしょうか。基本的には英語がそれほど得意でなくとも、最低限の日常英会話ができれば問題はないものと思われます。日常英会話だけでも海外旅行に行くことは可能です。

旅行業界で働きいたいと思ったとき、英語が話せないと駄目といったことはありませんので安心してください。例えば、旅行会社で働きたいと思ったときにはいろいろな職種があって、アウトドア営業、カウンター営業、手配、商品企画、仕入れといったものになりますが、これらはどれも優れた営業力が必要とされる業務ではありません。

ただ、確かに英語が話せなければ話にもならないという職種があります。それは、海外における旅行に同行する添乗員です。ただ、これはプロの添乗員のことを指すわけで、海外に行くことが少ないのであれば、英語力は日常英会話程度でも間に合うわけです。

実際に仕事をしたときに、自分がはっきりと話せないというのは恥ずかしいことですよね。最低限旅行業界で働きたいと思うのであれば、日常英会話以上のものを身に着けておくといいかもしれませんね。英語の勉強は常にしておくといいでしょう。

旅行業界を知る

旅行業界の歴史

旅行業界の仕事

旅行業界について

旅行業界で働く

旅行に関する資格

Copyright (C) 旅行業界 業界情報ナビ All Rights Reserved